圧密地盤改良SST工法 株式会社SST協会

SSTニュース

「建築技術フェア2017in中部」に出展いたします

建築技術フェア2017in中部
2017年10月18日(水)~19日(木)
吹上ホール(名古屋市千種区)にて「建築技術フェア2017in中部」に出展いたします。 ぜひとも弊社ブースへお立ちよりください。

「第19回名古屋ジャパン建材フェア」に出展いたします

第19回名古屋ジャパン建材フェア
2017年6月10日(土)
ポートメッセ名古屋にて「第19回名古屋ジャパン建材フェア」に出展いたします。 ぜひとも弊社ブースへお立ちよりください。





「第21回震災対策技術展」横浜に出展いたしました

第21回震災対策技術展
2017年2月2日~3日
パシフィコ横浜にて「第21回震災対策技術展」横浜に出展いたしました。 ありがとうございました。

SST工法代理店会総会

SST工法代理店会総会
2016年12月7日
東京・品川でSST工法代理店会総会を開催しました。


小規模建築物用の技術をオープン化!

小規模建築物用の技術をオープン化
SST事業推進部は、兼ねてから技術開発部が取り組んでいた接地圧300kN/㎡の基礎地盤補強と引抜抵抗を有する技術開発が完了したことを受け、 小規模建築物用の技術をオープン化すること決めた。

詳細、募集要項はこちらから...

SST協会は、EE東北’16に出展しました

EE東北’16 出展決定!
日程:2016年6月1日(水)~2日(木)
会場:夢メッセみやぎ
仙台市宮城野区港3丁目1-7
継続学習制度(CPDS)認定プログラム




Fast Hyper コラム&パイル

Fast Hyper コラム&パイル
2016.3  
SST工法で築造する改良体(コラム)と杭(パイル)の名称が募集され、
強度発現が速く(Fast)従来の性能をはるかに超える(Hyper)のところから次のように命名された。
Fast Hyper コラム&パイル SST工法

第20回「震災対策技術展/横浜」無事に終了いたしました

2016.2.4~5
第19回「震災対策技術展/横浜」
拡大写真をみる
第20回「震災対策技術展/横浜」無事に終了いたしました。
開催2日間に渡りまして多数のお名刺を交換させていただきました。
 展示会はご好評を頂きましたが、会場が混雑してしまいご来場賜りながら、諸事不行届きの点もあったことと存じますが何卒ご寛容のほどお願い申し上げます。
 またご不明な点などございましたらご説明させて頂きますので、何なりとお申し付けください。

「第2回 震災対策技術展 大阪」無事に終了いたしました

2015.6.4~5
第一回 震災対策技術展 大阪
拡大写真をみる
先日はご多忙の中、「第2回 震災対策技術展 大阪」にご来場頂き、まことにありがとうございました。
また、同時開催のセミナー「SST工法による液状化対策」におきましても 非常に多くの方にご参加頂きました。これも皆様方のご支援とご愛顧によるものと、心から感謝いたしております。
今後もSSTは更なる開発、躍進をいたします。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
ご不明な点等ございましたらご遠慮なくご連絡下さい。

SST600Aオーガの開発に成功

2014.8.27
SST600Aオーガの開発に成功
拡大写真をみる
技術開発部は平成25年6月より開発に着手していたSST600Aオーガの開発に成功、平成26年1月より試験施工を行ってきた結果、性能・品質が確保でき、2014年9月より実用段階に入りました。



SST協会は「第一回 震災対策技術展 大阪」に出展参加いたします!!

2014.6.17 ~6.18
第一回「震災対策技術展」大阪出展決定!
拡大写真をみる
【大阪支店発】
SST協会は第一回「震災対策技術展」大阪に出展参加いたします!! http://www.exhibitiontech.com/etec_osaka/

■日程:6月17日・6月18日10:00~17:00

■時間:10:00~17:00

■会場:コングレコンベンションセンター(大阪市北区梅田 グランフロント大阪北館B2F内)

■特別セミナー開催決定!!
【SST工法による液状化対策】 「低コスト」「高強度」「エコ」
6月18日(水)13:00-13:45

当日会場では液状化対策としてのSST工法の説明、資料の展示、施工動画の展示致します。また、代理店募集もいたします。ぜひ事前予約の上、お立ち寄りください。

▼▼招待状をご希望の場合はコチラまでご連絡ください▼▼

osaka@sstkyokai.co.jp

「朝日 住まいづくりフェア2014」無事に終了いたしました

2014.6.2
朝日住まいづくりフェア
拡大写真をみる
2014年5月30日~6月1日に開催されました「朝日住まいづくりフェア2014」ではご多忙のおりにもかかわらず弊社ブース・セミナーにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。
 3日間の短い期間でしたが、皆様のおかげをもちまして盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。


SST協会は「朝日 住まいづくりフェア2014」に出展参加いたします!!

2014.5.30 ~6.1
朝日住まいづくりフェア出展決定!
拡大写真をみる
【本部発】
SST協会は「朝日 住まいづくりフェア2014」に出展参加いたします!!
朝日 住まいづくりフェア2014|国内最大級!新築・リフォーム・住宅設備・建材の総合イベント(東京ビッグサイト)
【震災パビリオンブース】
5月30日・5月31日・6月1日10:00~17:00

特別セミナー3回開催決定!!
【SST工法による液状化対策】 「低コスト」「高強度」「エコ」
5月30日(金)12:30-13:00
5月31日(土)13:20-13:50
6月1日(日)13:20-13:50

当日会場では液状化対策としてのSST工法の説明、資料の展示、施工動画の展示致します。また、代理店募集もいたします。ぜひ事前予約の上、お立ち寄りください。

(財)日本建築総合試験所GBRC性能証明第11-06号 改 取得

2014.3
性能証明
拡大写真をみる
【技術開発部発】
SST500Aオーガの開発成功に伴い
(財)日本建築総合試験所GBRC性能証明第11-06号 改 取得いたしました。






安全衛生教育を実施いたしました

2013.6.20
安全衛生教育
拡大写真をみる
【大阪支店発】
建設業労働災害防止協会 安全管理士の鶴賀谷修氏を講師にお招きし安全衛生教育を実施いたしました。
労働災害が発生すればその被害者は被災者本人に止まらず、家族、会社、元請会社、発注者、工事関連会社、労災関連関係者など、多くの人たちに悲しみと迷惑と損害を与えることになります。
そして、労働災害の殆どが些細な不注意と、油断、過信などが原因で発生しています。
『後の後悔よりも事前の安全確認』このことを日頃から習慣づけるように心がけてください。

「安全」とは「勇気をもってきびしく」守るべきもです。

SST工法説明会 @ 和歌山

2012.12.7
sst工法説明会
大手ハウスメーカーの技術会議および和歌山県建築構造設計事務所協会の会合においてSST工法の説明が行われました。 御清聴ありがとうございました。
当日会場での質疑応答は→こちらから

RC造7階建てまで適用可能になる

2012.11
sst特許オーガ
コラムの必要本数 減、コストダウンの提案
【技術センター発】
建築技術性能証明 第11-06号ではSSTコラムは
長期接地圧 150kN/m2、15t/本(RC造5階建て、S造6~7階建て)でしたが、 220kN/m2、22t/本が可能になりました。
施工費が従来のSSTコラムより約20%減、建物構造高さがRC造7階までとなります。 (載荷試験により確認) 杭での設計に対し、低コストのSSTコラムが、さらに低コストをご提案します。
実験概要・結果報告書
2012年9月東京都新宿区新築工事の詳細はこちらから

簡易荷重による載荷試験の記録更新

2012.10.27
sst特許オーガ
【技術センター発】
簡易荷重による載荷試験の結果、簡易荷重でもコラム1本の長期支持力が220kN(22t)まで確認できる手法が開発されました。
これにより、適用範囲として、自主規制値であった基礎下接地圧が150kN/m2、(コラムの長期支持力150kN/本)から基礎下接地圧220kN/m 2(コラムの長期支持力220kN/本)に変更することが可能となり、コスト的に大きなメリットがあると考えています。
実験概要・結果報告書
2012年11月大阪府豊中市新築工事の詳細はこちらから

技術交流会終了のご報告

2012.9.12
sst技術交流会
下記交流会を開催いたしました。
日時:2012年9月12日(水)
時刻:14時30分~17時15分
会場:大阪府建築健保会館6階会議室
住所:大阪市中央区和泉町2丁目1-11
電話:06-6942-3621
題目:「一般的な土質試験および地盤の液状化について」
    「液状化被害状況と液状化対策」(SST協会担当)
詳しくは、こちらから

環境対策

2012.7
sst工法
固化材を一切使用せずに
『圧縮強度1500kN/m2以上』
『支持力100kN/本以上』
の性能を有するコラムの技術開発 に着手しました。(用途:農業用地等における地盤改良)

液状化防止

2012.7
sst特許オーガ
地中内に人工的工作物を残さない液状化防止技術の開発に着手しました。




改良深度11mが実用段階に入る

2012.5
sst特許オーガ
【技術センター発】
技術センター技術開発部は改良深度11mが実用段階に入ったと発表 。
本部チームは田中工事部長指揮の下、千葉県市原市の水管橋の基礎地盤改良工事において改良深度11mまでの施工を行った。
本部チームは今まで数件の施工実績を有していたが、公共工事関連では初めてです。
工事部長談話
「施工環境の都合と施工実績でSST工法が選ばれた訳だが、改良深度11mが実用段階になったことが嬉しい。 」
工事長談話 「打設機械の補強や油圧モーターのトルクアップ、オーガの補強や施工技術の確立などで苦労しましたが、実用段階に入ったので苦労のしがいがありました。 」

施工情報
工事名称:**送水管敷設工事 基礎地盤改良工事
工事場所:千葉県市原市
要求接地圧:204.6KN/m²
コラム 支持力:150kN/本
設計径:500mm 実長:7.5m
設計強度:2300kN/m²
計画強度:3500kN/m²
実績強度:5800kN/m²(7日)

「大震災への備え2012in大阪」イベントを開催しました

2012.4.4 ~5
sstイベント
大島教授
2012年4月4日5日液状化対策イベント

大震災への備え2012 「液状化のメカニズムと対策」「SST工法デモ施工」in大阪

大阪市立大学工学研究科の大島昭彦教授をお招きし、 地盤工学と液状化対策セミナーを開催いたしました。
また、並行して会場隣接地にてSST工法のデモ施工を見学していただきました。
おかげさまで大盛況のうちに終了いたしました。
お越しいただきました方々には 心より御礼申し上げます。
当日の質疑応答はこちらから→